2006/01/04

MOON CHILD 読了

MOON CHILD読了です。京極堂の後ということもあって、さくっと読めました。

さて、感想ですが…一言「裏切られた…」あ、でも悪い意味じゃなくてね。

前回○○○物も好きなのでと書きましたが、映画で描かれていた○○○物描写の一切が排除されていて、この作品を映像化すると、Hydeは回想シーンで笑ってるだけの役です(笑)
あとがき風のインタビューを読んでみると、映画のMOON CHILDのアナザーストーリーの位置付けらしい。

3分の1読み終えたところで、これは大沢在昌か?と思うほど、かなり好きな感じでした。深夜枠であれば、連ドラにしてもいいんじゃないか?Gacktの出演シーンも少ないし、ただ、孫の役はもちろんワンリーホンでお願いします。大沢在昌とかハードボイルド系の小説が好きな人にもぜんぜん大丈夫と思いますよ。

期待していた方向とかなり違いましたが、「へぇいいじゃん」って感じだったので満足!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/01

MOON CHILD

昨日、陰摩羅鬼の瑕を読み終えてしまったので、近所の本屋さんに今昔続百鬼―雲百器徒然袋―風を買いに行ったのですが、2軒とも置いてなくて、読みたい本が思いつかず、ぷらぷらしていたら平積みの本が目にとまった。
Gacktの「MOON CHILD」だ。Gacktは好きか嫌いかというと好きだし、映画も面白かったので、原作も読んでみるかと手にとってみた。まだ出だしの何ページかを読んだだけだけど、なかなかいいかも…文体とかはちょっとシロウトくさいけど世界観はちゃんと出来てるし、なかなかいい。もう一回映画を見てみたくなった。
もともと月が好きだし、○○○(ネタバレになるので伏字)ものも好きなわけで、たぶん結構はまる予定。

今日の夕方から3日の夕方まで実家に帰るのでその間に読了する予定です。

ちなみにその後、違う本屋で今昔続百鬼―雲百器徒然袋―風も買いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/19

逃亡者木島丈一郎

踊るシリーズ好きなんですよ、基本的に。会社携帯の着信音は「MUROI」で個人携帯の着信音は「ネゴシエーター(真下のテーマ)」なくらい好きなんです。もちろん映画版はちゃんと劇場で見てます。で、今日「逃亡者・木島丈一郎」見ました。放送日に友達と狸小路で飲んでいたので見てなくて、今日後輩から録画版をとりあえず借りやっと見たって感じです。
木島丈一郎、いいじゃないですか!ところどころにすてきちの大好きな「スナッチ」風味が入っていて、いいじゃないですか!演出が真下の助監督さんなんですねぇ。本編踊るとは違う感じがいい!でも、ちゃんと踊るシリーズ味も効いていて…そして音楽の使い方が踊るファンにはたまらなくいい!大好きだ!
木島のキャラはなんかあれですね。京極堂シリーズの木場修太郎に軽さを混ぜならこんな感じ?って感じですねぇ。爆処理班の班長もいいっすね。すてきちはあれなんですよ。一見こわもてだけど可愛げのある人がツボです。木島には出てませんが、SATの草壁中隊長とかもツボっすね。踊ると同じ「織田・本広」関連作品の「お金がない」で今井雅之がやっていた借金取りも好きだったなぁ。

ん。木島丈一郎の話をしていたはずが、ツボな俳優さんというかキャラの話になっている…んー。支離滅裂だ…

やば、明日から出張なのに準備してない。ってなわけで今日はこの辺で…

| | コメント (0) | トラックバック (0)